医療脱毛は永久脱毛なの?

医療脱毛とよばれる方法は、現在ではレーザー脱毛が主流となっています。医療脱毛は永久脱毛と考えてよいのでしょうか?レーザー脱毛とエステや脱毛サロンでの光脱毛は、実は光を毛根まで届かせ毛の再生を止めるという方法は同じなのです。ムダ毛が再生しにくくなる方法ですが、永久に生えてこないというものではありません。

永久脱毛と認められているのは、ニードル脱毛とよばれているものです。毛穴に絶縁体を通し、毛根が二度と再生しなくなる方法だけが、永久脱毛とよべるでしょう。ただし、この脱毛方式は痛みもさることながら、期間や費用もかなりかかってしまうのです。気軽に脱毛してみようというものではないですよね。

さらに、ニードル脱毛をすることを認められているのは、医療機関のみです。最近では減りましたが、エステサロンなどでもニードル脱毛を行っているところもありますね。しかし厳密にいえば、これは許可されていない方法ということになるでしょう。レーザー脱毛機は、ニードルに比較すると脱毛処理もすばやく進みます。もちろん費用も、トライしやすい設定のところが増えていますね。

全身ニードル脱毛で処理していくというのではなく、医療レーザー脱毛で効果が得にくい部分だけニードルを組み合わせるという方法もあります。産毛の部位は、レーザーの効果が出にくいのです。たとえば、鼻下つまりひげ部分だけニードル処理をするということも、クリニックなら相談しやすいでしょう。脱毛をどのように仕上げるのか、このプランを自分でも立ててから、カウンセリングなどに行くとよいですね。
http://iryoudatumou-peach.com/