キャッシングの審査が通らない時のやってしまいがちなミス

属性は悪くないのに、キャッシングの審査に通らないという人は、ちょっとしたポイントでミスがあるということがあります。

最も気をつけるべきなのが、申し込み用紙もしくはインターネットの申し込みフォームに嘘の情報を記入するということです。電話の場合には口頭で伝えますが、嘘を言わないように気をつけておきましょう。

悪質な嘘として、勤務先情報を偽るということがあげられます。無職なのに働いていると嘘をついたり、働いていない会社で働いていると装ったりすることは、悪質な場合には詐欺罪が成立することもありますので、絶対にやめておきましょう。

このような悪質な嘘ではなくても、うっかり間違った情報を記載してしまうことがあります。よくあるのが、借入件数を少なめに申告してしまうということです。クレジットカードのキャッシングも借入件数1件に含まれるということを知らず、借入件数を少なめに申告してしまったり、本当は50万円の借金があるのに、30万円と少なめに申告してしまうことはよくあるようです。しかし、ちょっとした嘘でも「この人は信用できないからお金を貸すのはやめよう」と思われてしまう可能性があるので、きちんと正確な情報を記入するようにしましょう。

また、キャッシングの審査では希望借入額は少なめに申告するのがコツです。借りたい金額は20万円でも、どうせ審査の結果適正な金額になるのだから、多めに100万円などと記入してしまう人はいますが、無理な金額を希望してしまうと断られる原因になります。また、オリックス銀行カードローンなども良いでしょう。